Home » 未分類 » 家にかける火災保険は料金と補償内容で選ぼう

家にかける火災保険は料金と補償内容で選ぼう

火災保険は建物だけにかけられる

家を所有している方は火災保険に入る方が多いでしょう。火災保険の補償は建物にかける部分と家財にかける部分に分けられます。支払う保険料を安く抑えたい時は建物だけにかけることができます。万一火災が起こった時や水災や落雷などで被害を被った時は、建物の損害だけが補償されることになり、家の中にある家財一式は補償の対象にはなりません。補償を充実させるか保険料を安く抑えるかで火災保険のかけ方が変わってきますが、自由に選べるというメリットがあります。

火災保険を選ぶ時は一括見積もりが便利

火災保険は損害保険の一種ですが、他の自動車保険やバイク保険などと同じように保険料が比較できる一括見積もりサービスを利用することができます。一括見積もりを試すことで複数の損害保険会社から保険料の見積もりが届くので、お得な火災保険が選びやすくなります。見積もりの際に必要な情報は、建物に関することや希望する補償内容などになります。同じ家でも一戸建て住宅とマンションがあり、それぞれの保険商品を用意している保険会社もあります。

火災保険の保険料を抑えるために

火災保険は毎年更新してもいいですし、何十年という長い契約期間を設定することも可能です。家を購入する際に住宅ローンを組む場合は、住宅ローンの返済期間と同じ年数をかけることが一般的です。必然的に火災保険も長期契約となるため、支払う保険料は数十万円という大きな金額になります。保険料を節約するなら火災保険だけに加入して地震保険をかけないという方法があります。ただ地震保険も火災保険と同じように大切な保険ですから、後からプラスして毎年更新してもいいでしょう。

火災保険では万が一火災によって住宅や家財に被害を受けた場合には補償がされるので備えておくと安心です。

最近のコメント

    アーカイブ